にじいろ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

みぃちゃんに会えるまで・・・  

記憶が鮮明なうちに、出産の記録を。


*4月7日*

・5時00分  

起床。いつもと何も変わらず。朝食後、TBSとお風呂へ。


・5時50分  

お風呂を出て体を拭いている時に、太ももにおりもののようなものが。

ティッシュで拭くと、「meguちゃん!何か出てるよ!!」とTBSの驚く声がしたので見てみると、床に水溜りが出来ていた。動くとぬめっとした水がドバーッと出たので、破水だと気付く。

私自身には何の感覚もなかったし、本に書いてあったよぅなパチンという音もしなかった。

破水時、ブラ1枚という何ともおマヌケな姿の私。。。(笑)

産院へ電話をして、急いで向かう。


・6時30分  

産院へ到着。すぐに陣痛室へ。

着替え・検温・血圧・浣腸・感染症予防の薬を飲む。


・7時15分  

NST開始。TBSも陣痛室へ。

まだ痛みがないので二人でベラベラ喋って笑っていられる。


・8時30分  

助産師さんの内診。

「いつお産になるか見当がつかない。」と言われる。

        

院長先生の内診。

「子宮口まだまだだ。」と言われる。

破水しているし、赤ちゃんのために薬を使うということで、承諾書にサインをして1回目の薬を飲む。

感染症予防のため、点滴。


・10時00分 

2回目の薬を飲む。

少しずつお腹の張りと、弱い痛みの波を感じ始める。

まだまだ「イタタタタ・・・」と言いながら我慢出来る程度の弱い痛み。


・11時00分

3回目の薬を飲む。

痛みはまだまだ弱い。間隔はバラバラ。

余裕のある私を見て、TBSはお昼ご飯へ。


・11時45分 

助産師さんの内診。

まだまだ子宮口が開かないため、薬を飲み続けることに。

4回目の薬を飲む。

少しずつ痛みの波が強くなってくる。

「まだまだ我慢・・・こんなもんじゃないはず・・・」と繰り返し心の中で言いながら耐える。


・13時00分 

5回目の薬を飲む。

この時は左向きの姿勢が1番楽だった。

TBSが体を支えたり、さすってくれる。


看護婦さんの勧めで産院内を散歩することに。

痛みの波が来ると足が前に出ない。うずくまったり、TBSの腕をつかんだりして耐える。

「何で子宮口開いてくれないのかな・・・」という不安と痛みで涙。

40分くらい散歩をして、陣痛室へ帰る。


・17時15分 

2回目の点滴。

ここからは、ベットを少し起こしてもらって深めに座る姿勢が1番楽。

朝食の後、水しかもらっていなかったので空腹。

痛みがない時にTBSが買ってくれたミルクティーをこっそり飲む。甘い!うまい!幸せ!!

時々、眠気に襲われてウトウト。。。


・18時30分 

助産師さんの内診。

「子宮口、4cmくらい。産道はやわらかいよ!」と言われる。

まだまだと言われ続けていたので、かなり嬉しい。気合いが入る。


まだお産までは時間がかかりそうということで、念願の夕食にありつく。

痛みが来るとお箸を置いて呼吸法。完食!


・19時30分 

新学期で明日はどうしても仕事が休めないTBSは帰宅。

寂しくて不安になって涙。でも、「明日、TBSと娘を会わせてみせる!」と決意する。

        

お夜食のチョコプリンをペロリ。

痛みの波が来るのは4分間隔ぐらい。強さは様々。

色々やってみたけれど、鼻から大きく吸って、口から吐く呼吸法が1番痛みを逃せた。

        

痛みが弱いときはまだかなり余裕がある。

本を読んだり、間隔をはかったり、ウトウトしたりして過ごす。

他の人のお産もなく、とても静かな夜だった。





スポンサーサイト

category: 出産記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://meguminnie1215.blog55.fc2.com/tb.php/66-bce42207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)