にじいろ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

七夕と、4歳3ヶ月の覚え書き  

七夕の夜って、なんでこんなに雨なんだろうね。今年も降っちゃったね。
翠が幼稚園で短冊に願い事を書いてきたんだけど、「はやくおおきくなって プリキュアになりたいな」って書いてあったよ!びっくり!
「すきだから。◯◯ちゃんと△△ちゃんが書いてたから。」だそうです。なるほどね。
まだまともに見たことのないプリキュアに憧れてる翠。4歳3ヶ月になりました。

201207081.jpg

今年、浴衣デビュー。
母の昔の浴衣を仕立て直したもの。渋いでしょー、でも似合うでしょー。
七五三の時に買ってもらった帯もよく合ってて、可愛かった。そして、またぐっと大きく見えた。
あいにくの雨で楽しみにしてた神社の縁日は行けなかったけど、花火大会とか行こうね。瑠も甚平着せてね。

この頃、ほんとに あぁ大きくなったよねー って感じることが多くて。
やや大きめに作ってる服がどんどんぴったりになる
エビフライとかグラタンとか、おいしいと食べれるものが増えた
大好きなお手伝い、料理の下ごしらえや休日のパンケーキや掃き掃除に床拭きも上手になった
これまで頑なに意地張ってた場面でも、まぁいっか!って気分転換出来ることが増えてきた
幼稚園の支度もスムーズになった
走るのが速いし、スタミナもついた
私と約束したことを守れることがすごく増えた

幼稚園に慣れるまでは、家でどっかーん!と暴れていたけれど、お弁当生活も軌道にのってからは、すごくいいリズムな日々を過ごしているように思う。
毛虫に刺されちゃって痒くても、すごい大雨でも、「ようちえん、いきたいー!やすみたくないー!」と泣くほど幼稚園が大好き。
お友だちと交換するお手紙や折り紙がとっても大事。
先生もお友だちも歌もモンテのお仕事も園庭も、大好き。

家でも、幼稚園ごっこ。
まいにちまいにち、先生ごっこに付き合ってる私と瑠。
特に最近は「あたらしいせんせいごっこ」が大流行。実習生の先生の影響と思われます。笑。

あと、急に数への関心が高まったみたい。
ずっとお風呂から出るときに1~10まで数えてるんだけど、3以上はハチャメチャ。もぅ自由すぎ。笑。
それが、5まではバッチリ☆調子がいいと10までいけちゃうこともある。さらに、順番はバラバラだけど13とか17っていう10以上の数を言うことが出てきた。
ごはんの時間にも「トマトが1こ。おにくが3こ。えだまめが1、2、3、4、5…」って数えてるし、車に乗ってるときも「まえに2こいるね。みどり、3ばんめだね。あ、1つまがったから2ばんめになったね!」とか。いろんなものを数えてる。
とにかく、ある日突然始まりました。
この前参加した幼稚園のモンテッソーリ勉強会で聞いた、数や量の敏感期ってやつな気がします。

その他にも、こどもたちは今がまさに敏感期のまっただ中なんだなーと思うことが多くて、この大事な今を見逃してしまうのはほんとにほんとにもったいないことだ!と改めて気付いたよ。
不思議なタイミングなんだけど、その少し前から育児と家事のバランスを取ることよりも、もっと時間や私の力を育児に注ごうと考え方を変えたところだった。
ふたりのこどもを大事に丁寧に育てたい、家事を効率よく終わらせたい、安全でおいしい食事を作りたい、家を気持ちよく保ちたいなどなど、想い自体は変わらない。
でも、私の達成感や満足度=こどもたちの喜びではなかったことにはっきり気付いてしまったの。
待ってねとか後でねって言う回数がすごく減った。一緒にの時間や事柄を増やして楽しむ。
瑠もだけど、やっぱり翠の方がよりいい変化が見られてる。パニックになって泣く姿、見てないもん。
うちのこどもたちが望んでるのは、ほんとにシンプルなこと。
「おかーさんといっしょにいたい。あそびたい。ずっとみていてほしい。」

これ、おかーさん冥利に尽きるよね。

あ、そうそう。
「みぃみ」→「ねぇね」→「みぃみ」ときて、ついに「みどり」と言うようになりました。
スポンサーサイト

category: こそだて記

tb: 0   cm: 4

コメント

はじめまして
ずっとずっと前からブログを拝見させてもらってます
私も以前保育士をしてて、4歳になる男の子と1歳の双子を育ててます。
生活ひとつひとつが丁寧で子供と同じ目線で関わる姿に毎回「私もしっかりしなきゃ!」って考えさせられます
子供の成長・発達・遊び・・・学校で子供のことを学んで保育園でも
経験しているはずなのに、実際自分の子となると全く別で、毎日手探り・・・イライラしたり主人にあたったり、自分がいやになったり・・・
でも今回の記事で「私の達成感や満足感=子供たちの喜びではない」というのを見てなんだか涙が止まりませんでした。気付いていたけど気付かぬふりをしていたのかな・・・気付かせてくれてありがとうございます
またおじゃましますね 


URL | yu #-
2012/07/09 21:25 | edit

はじめまして
とってもあたたかい気持ちになれた記事にコメントさせていただきます。
我が家も4月で4歳になった長男と8月に2歳になる次男がいます。
2人とも保育園に行っています。
帰ってからの家事バタバタ時間・・・
「待っててね~」「あとでね~」ばかりの自分に はっ と衝撃的な気づきでした。

わたしの満足度は子供たちの求めていることじゃないんですよね。
うちも「おかーさんいっしょにやろう」や「みててね~」が子供たちの欲求☆

「おかあさん冥利に尽きる」も素敵な言葉☆
私も今 を大切にします。

それから卒乳の記事も素敵でした。
私も次男2歳になったら と約束しています。
首 ぶんぶんぶんぶん 振って頷いてくれませけどね・・。
あの記事読んで勇気もらっています。

URL | rie #-
2012/07/10 14:22 | edit

>yuさん

はじめまして。コメントありがとうございました。
私も日々が手探りです。
保育士の資格や経験も、周りから見ると「こどもに慣れてるしいいねー」と思われても、実際は何も役に立たなかったりしますよね。笑。
仕事としての保育と、我が子の子育ては全く違うもんだなぁと私も痛感しました。
お母さんの達成感や満足感、自分のモチベーションを上げることやそれによって育児がいい方向へ向かうことにも繋がると思うので大事!とずっと思ってました。今でも思ってます。
でも、「まずはこどもありき」という幼稚園との出逢いで、改めていろいろと考える機会をもらって、今の私なりに思ったことがイコールではないんだな…でした。
ありがたいコメントをいただき、こちらこそありがとうございました。
ひとりごとのような拙いブログですが、また是非☆

URL | meguminnie #-
2012/07/11 22:09 | edit

>rieさん

はじめまして、ありがたいコメントありがとうございます。
お仕事と育児の両立、大変ですよね。毎日、お疲れさまです。
うちの娘の場合は、手の込んだごはんでなくてもいいから、一緒に遊びたいそうです。
お母さんのモチベーション維持も大切だけど、それが1番にならないようにしたいなと、幼稚園での勉強会に参加して、すごく強く感じました。
今しかないこどもたちの姿、お互いたくさん見たいですねー!

うちの息子も卒乳のその日がくるまで、ずっとぶんぶん拒否してました!
今では、触りながら眠っています。
rieさんと息子さんのタイミングで、気持ちよくバイバイ出来たらいいですね。応援してます。

URL | meguminnie #-
2012/07/11 22:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://meguminnie1215.blog55.fc2.com/tb.php/648-6eab6373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)