にじいろ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

サンクチュアリ  

本日、39w4d。
予定日まであと3日。まだ産まれていません。
もう1週間、前駆陣痛止まりなお腹のお方。
この数日、ぐぐっと秋がやってきた。秋の匂いがしてる。
最後の夏のおでかけの記録を。

201309221.jpg

夏の思い出 #3 CAMP!!

翠がおとーさんと夏休みにやりたかったこと。
「おおきなプールにいきたい。おやまやキャンプにいきたい。えいがかんにいきたい。」
その願いを叶えるべく、今年も訪れた山梨県道志村。

夫婦ふたりだと思っていた、だけど本当は小さな小さな翠が一緒だったのが、6年前。
そして、瑠を妊娠6ヶ月のときに来たのが、4年前。
今回は、9ヶ月のまんまるお腹で、のーんびりと羽を伸ばしに来た。
チェアに座って、ハンモックに揺られて、避暑地の光と風と流れる水の音、そこにある全てにひたすら癒される。
暑い暑すぎる日々、愛おしいけれどどんどん重くなるお腹、夏休みなこどもたち、変わらず目の前にある家事や雑務、そして赤ちゃんを迎える準備…日常のそんなこんなをちょっと忘れて。

201309222.jpg

本当に私は食事の支度ぐらいで、テントとかの設営から元気溢れるこどもたちの相手まで、とにかくおとーさん大活躍!大人気!な3日間だった。
朝からキャンプ場を流れる川をずっと下って行ったり、生き物探しに出掛けたり。
山中湖へ遊びに行って乗ったSWANが綺麗で気持ちよかったから、次に行ったときには水陸両用というKABAにぜひ乗ってみよう!ってことになってる。

201309223.jpg

私にとって、ここはサンクチュアリ。
毎年、必ず「あぁ、帰ってきた」って気分になる。
初めて行ったときから、不思議なくらい心が落ち着いてすっごく居心地が良かった場所。
来年は、もうひとりおチビさんを連れて帰ってこよう。
スポンサーサイト

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

the last month of pregnancy  

もうお腹、ぱっつんぱっつん。
洗濯物を取り込みながら、ふぅーっと一息ついてるのを翠が撮った。

201309101.jpg

先週、義祖母が亡くなった。
思えば、瑠の臨月のときには、父方の祖母が亡くなった。
さらに遡ると、私が母のお腹にいるときに曾祖母が亡くなっている。
私に出来ることは、命を育て守ること。
生まれ変わりを信じているわけではないんだけれど、命はつながると思っているから。

朝晩は秋の風が吹くようになって、ついに臨月。
家事程度の動きでもお腹が張るようになって、骨盤が開いてきてるのか頻繁に痛む。
靴下を履いたり、スニーカーの紐がスムーズに結べなくて、こどもたちがよく笑ってる。
おへそも見事になくなった。
いろんなことを、「あとちょっとかも」「これが最後かも」とふと思うようにもなった。

年の近い3人目となると、自分が妊婦であることは二の次三の次となることがたくさん。
でもね、こんなにも毎日「おーい、あかちゃーん!」と繰り返し呼ばれて撫でられるという賑やかで幸せな環境は、3人目である赤ちゃんの特権だと思う。

一時期ひどかった腰痛は、助産師さんに紹介された整体の先生のおかげで嘘みたいに楽になった。
甘いものを食べても糖が+になっちゃうこともなく、体重の増加もゆるやかで、ちょっと小ぶり?って噂な赤ちゃんもここまで順調に育ってくれて。ありがとう。
やっぱり今回も最後に貧血になっちゃって、鉄剤飲んでは胃がむかむかしてどうしようもないって状態なんだけど、前回が出血多めだったから、今週から注射も追加してせっせと血を濃くしてるところ。
だからね、もう少しお腹にいてね。

一通り揃ってるから大丈夫でしょ、って瑠のとき以上にのんびり構えちゃってるんだけど。
そろそろ準備しないとね。
えーっと、何からやればいいんだっけ?…そんな妊娠最後の1ヶ月。

category: にんぷちゃん日記

tb: 0   cm: 0

Short trip 1 2 3  

201309064.jpg

夏の思い出 #2 箱根

この夏、思い返すと3回も箱根へ行っていた。
ひたすら海岸線を走り続けると着く箱根は、こどもの頃から家族や友だちと何度も何度も繰り返し訪れている場所で、すごく好きな場所。

ー1ー
実家の母から「夏男3人を祝う会をしましょう」とメールが来たのは、毎度のことながらかなり急な話だった。
夏男3人とは、夏生まれの私の弟とTBSとーさんと瑠のこと。
芦ノ湖を眺めつつ、食べて飲んで、露天入って、また食べて飲む。そんな1泊2日。
瑠はおーきなケーキで、みんなからお祝いもしてもらった。
嬉しくてきょろきょろとみんなを見ながら笑う瑠を見て、「かわいいね、涙が出ちゃう…」とおばあちゃんが呟くのが聞こえて、私も泣きそうになってしまった。お酒が入ってたら、間違いなく泣けてたまらなかっただろうな。

201309062.jpg

201309063.jpg

201309061.jpg

こどもたちは、箱根園水族館や駒ヶ岳ロープーウェイ、そして懐かしのらくやき体験もした。
らくやき、私もこどもの頃にいつもやらせてもらってたなぁ。
もう翠は隣りで眺めながらアドバイスすると、自分で色を考えながらぺたぺた。
向かい側からは「わー!ちょっと待て!うぉ!次はこの色?瑠、待て!わかったっ!」と終始賑やかな声が聞こえてたけれど。
翠はいちごケーキ、瑠はふくろうの貯金箱。いいお土産になったね。


ー2ー
201309065.jpg

幼稚園の友だちと「夏休み中、ちょっと遠くに遠足しようよ」と話していたのが実現した日。
友だちは登山鉄道で、我が家は車で、いざ箱根彫刻の森美術館へ。

実はこの日、途中からものすごい雷雨。
行けたのは、入ってすぐのアートホール、しゃぼん玉のお城、ネットの森の3カ所。
雨にネットの森へ閉じ込められちゃった状態だったけど、こどもたちはそれはそれは楽しく2時間以上遊べちゃうんだもんね。
こどもってすごい、友だちのパワーってすごい。
あ、こどもたちに手を振りつつ…その間ずっと話に花を咲かせる私たちもか。ははは。
中学生以上は入れないんだけど、つい頭だけでも入れてみたくなるくらい楽しいんだよね、ここ。
1番上まで行ってみたいよー!ぴょんぴょん跳んだり、ごろーんとしてみたい!
また行きたいな、次は広い館内を歩き回るのが気持ちいい季節とかどうかしら。

201309067.jpg

201309066.jpg


ー3ー
最後は、私と瑠のふたりで。
翠がおとーさんとおでかけをした日、瑠にすぐ近くの水族館行かない?って聞いたら「うーぼー、きょーりゅーがいい。ぷてらのどんにあいにいこーよー。」と。
家事も最低限は済ませてあるし、お弁当も出来てるし、まだ10時だし…ぷてらのどん、行くかー!

201309068.jpg

201309069.jpg

この日の私たち。
生命の星地球博物館に到着→プテラノドン→お弁当→プテラノドン→お茶&トイレ休憩→プテラノドン→館内スタンプ探し→プテラノドン→おやつタイム→プテラノドン→恐竜おりがみコーナー→プテラノドン
こども用館内マップを手に、ひたすらプテラノドン。
スタンプ探ししながら、ぐるりと一周展示も楽しんだんだけど、結局は「じゃあ、ぷてらのどんいこっか!」ってことになるのね。
その姿はあまりに可愛かったし、さらに私はこの博物館が小学生の頃から大好きなので、もぅ楽しくて楽しくてたまらなかった。
まだ1週間とかしか経ってないのに、もう「ぷてらのどん、またいこーよ」って言う人が。
翠も絶対気に入ると思うし、すごーく行きたがってる大きな人がもうひとり…だから、次はみんなで行こうか。

2013090610.jpg

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

pool!!  

9月がやってきて、いよいよ夏休みもおしまい。明日は始業式。
秋の足音を聞きたいところだけど、まだまだ残暑は厳しい…。
今年の夏休み、すごく充実していた。なので、いくつかここに残しておきたい。

夏の思い出 #1 東京サマーランド

201309011.jpg

翠がプールに通い始めてちょうど1年。
すっかり顔を水につけることにも慣れて、最近はけっこういいフォームの蹴伸びをしている。
そして、瑠のオムツが外れてる。
というわけで、この夏は家族で大きなプールに遊びに行けた。
プールデビューしたのは、辻堂海浜公園のジャンボプール。ここもこどもたちが気に入って朝から夕方まで飽きずに遊べるんだけど、どーしても家族みんなでどんどん黒くなってっちゃう。
でも、プールで遊ぶこどもたちは本当に楽しそうで、幸せそうで、見てるとなんか泣けちゃうほど。
なので、喜ぶ姿が見たくてぶーんと行っちゃったよ、東京サマーランド。10年ぶりとかだったかも。

201309012.jpg

201309013.jpg

とにかく楽しかった。行ってよかった。
4人でずっとずっと笑ってた気がする。
こどもが遊べる滑り台がいくつもあって、気に入った翠が何度も何度も何度も勢いよく飛び出してくる。
小さいこども向けエリアのフルーツアイランドは、バナナとかパイナップルとかいろんな果物の遊具があって、すごーく可愛い。
瑠はお昼ごはん食べた後、流れるプール行ったらアヒルの浮き輪の上でお昼寝始めちゃって、その姿にもう夫婦できゅんとなった。
まだ陽射しが鋭くない朝や風が涼しくなり始める夕方は屋外のプールでも遊べるし、太陽ギラギラな時間帯や薄暗くなって体が冷えてくる時間になったら屋内のプールへ移動出来るのは、やっぱりいいよね。
たくさんの人が来てたけど、広いからそんなにぎゅうぎゅうって感じでもなくて。

201309014.jpg

201309015.jpg

開園から暗くなるまで、遊んで遊んで遊んで…
もちろん帰りたくないよー!ってなったんだけど、最後にライトアップされた観覧車にみんなで乗ったら帰ろうってことに。

201309016.jpg

帰り道、「まいとし なつやすみに かぞくできたいねー」「たのしかったね いっぱいぷーるあったね」「こんどは ごにんかぞくになってるよねー」って話すこどもたちの声が聞こえた。
サマーランド、また来年!!

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0