にじいろ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ともだち なみだ こえだちゃん  

201210231.jpg

「◯◯ちゃんね、いつもみどりとはね、あとんでくれないの。」

私は翠のこの台詞を、1学期からずっと聞いてる。
ときどき、このことを話しながら、ぽろーっと涙がこぼれてる日もある。

まだ4歳とはいえ、幼稚園っていう社会の中でみんな立派にやってて、4歳には4歳の大変さがあって。
相手の子から話を聞くことも私には出来ないし、
下手にアドバイスをして余計こじれてしまっても困るし、
翠の話だけでは見えない部分が多すぎるし、
ってなわけで、これまでとりあえず翠の気が済むまで話を聞いてきたんだけども。

今朝、送りにいったときに下駄箱のとこで見てしまった。
おはようって挨拶して、見事にスルーされてる翠を。その後の悲しげな顔も。
切ない。自分が誰かに無視されるより、はるかに苦しい。
今日もまた、「おともだちになってくれないよ…」って車内で翠の目から涙。

翠はその子と遊びたいし、隣りに座りたい。でも、遊んでもらえない。
ってことはさ、翠には覚えがないようだけど、よっぽど相手の子に嫌なことをしたってことかな?
生理的に受け付けないタイプとか?
うーん、うーーん、うーーーん。
全てが憶測の世界って、なんてモヤモヤとするんだろう。
園での様子、ちょっと先生に聞いてみようかな。

そんな気持ちだった今日、買い物に行った先で売っていた、こえだちゃんシリーズ。
普段の私ならぜぇったいに買わないんですけども、うっかり「いいよ」って言ってしまった、笑。
私も昔、よく遊んでたんだな、実は。
うちにやって来たのは、翠が選んだアゲハちゃんと、何故か瑠も選んだながれぼしちゃん。
プリキュアとかプリンセスとかシルバニアとかがずらーっと並ぶという見たことない景色に、翠がちょっと頬を赤くして「ど、どきどきちゅるっ!」って言ってて、笑えました。
あの膨大なおもちゃの中からこえだちゃんを選ぶあたり、私たちって親子ねー。
今のはいろいろ変わってたけど。弟いたり、ともだちがすごいいっぱいいたり。
部屋の中で完全に浮いてる二人なんですけども、不思議とまぁいいかーとか思えちゃうのは、むしろやっぱり他のキャラものよりこえだちゃん可愛かったなーとか言っちゃってるのは、自分が夢中で遊んだ頃をぱぁーっと思い出したからかな。
あぁ、あの木のおうちを捨ててしまったことが悔やまれるーーー。

201210232.jpg

スポンサーサイト

category: こそだて記

tb: 1   cm: 5

はじめての運動会と4歳6ヶ月メモ  

201210135.jpg

雨の予報でハラハラしていた木曜日…なんと見事な秋晴れの中、幼稚園の運動会でした。
この日のために、2学期は練習を重ねてきたこどもたち。
両手を大きく振って元気にアーチをくぐって出てきた翠を見つけた瞬間、ぶわぁっと感動してしまった。

翠はけっこう真面目なところもあって、幼稚園で先生に「おうちでもやってみてね」って言われたことは、必ず家でやるタイプ。
お遊戯の練習も行進の練習も鏡の前で真剣にやっていたし、前日にはせっせとてるてる坊主を作ってた。
そういう姿とか、いろんな言葉とか、ちょっと練習続きで疲れてた表情とか、いろんなものを思い出してしまって、涙が止まらなかったんだと思う。

201301258.jpg

年少さんのかけっこは、まだみんなルールをわかりきれてないとこがすごく可愛くて。
翠は「いちについて」で白線の上に足を揃えることにこだわって、完全に出遅れてるし。笑。
さらに、なぜかゴール前で減速して、最下位でのゴール。すっごい翠らしくて、すっごい楽しそうだった。
跳んだりくぐったり持ち上げたりの障害物競争に、くだものの冠をつけて踊ったお遊戯。
もぅぜんぶぜんぶ可愛くて。立派に幼稚園生やってんだなー。
あまりに感動しすぎちゃったもんだから、次の日のお迎えでクラスのお母さんたちに「めぐちゃん、泣いてんの見えちゃったよ〜」って笑われちゃった。

縦割りクラスの幼稚園なので、他学年にもたくさんお友だちがいるから、すべての競技に興奮&感動。
年中さん見てると、同じかけっこでも1年の成長が大きくて、こどもってすごい!と、じーーーん。
年長さんなんて組体操は登場から鳥肌もののかっこよさだったし、最後のリレーは観客席が盛り上がる迫力。
こんなに楽しいものだとは思わなかったよ、正直。
こどもはいつも枠とか予想とかってものを、ひょいっと超えてくるんだなぁ。

201210137.jpg

続きまして、4歳も折り返した翠のこのごろの記録。
相変わらず、幼稚園が大好き。
上の写真は、朝の風景。私が作ったイラスト付きの簡単な工程表を見ながらお支度。
この方法、さっきも書いたけどけっこう真面目な翠には効果覿面なのです。
でも、お弁当のこと書き忘れちゃってたから、近々リニューアル予定。
幼稚園では今、色塗りのおしごとや針のおしごとに毎日取り組んでるんだって。

201210136.jpg

幼稚園の延長で、家でも針あそび中。
stickkartonというドイツのもので、穴のあいた台紙に針と毛糸でステッチしていくものなんだけど、これが幼稚園のおしごとにとってもよく似てるので、瑠のお昼寝中とかに出してきてはひとりで黙々とやってる。
他にも、実家でゆび編みやリリアンを教えてもらったり、ビーズを買い足してアクセサリーを作ってお姫様ごっこに使ったり、手仕事のあそびがブームみたいです。

遊びでよく思うのは、ほんっとにこどもたちがふたりでよく遊ぶようになった。
翠が何か設定を作って、瑠にも配役をして、ふたりでその世界に入り込むごっこ遊び。
ふたりでごそごそとお絵描き。
ピアノとハーモニカと歌で、ふたり演奏会。
よくわかんないけど、なんとなく成り立ってるらしい、かくれんぼ。
ずっとくっついてるもんだから、そりゃ小競り合いも頻発してるんだけど、「ごめんね」「いいよ」でまた遊び始める。その繰り返し。
姉弟のふたりの世界が出来てきたのを感じるので、先週から家の中を大きく模様替え。
居間5畳、寝室4.5畳というちいさな部屋をどう使うか…いやぁこういうの燃えちゃう。笑。
これから買い足した家具も届いて、まだどうなるかわかんないけどイメージしてる空間に近づけたらいいな。
年内には一段落させたい、がんばる。

201210138.jpg

夏頃に数の敏感期ですーなんて書いたような気がするんだけど、まだまだ色んなもの色んな場面で数えまくり。
順番めちゃくちゃだけど、10より大きい数の概念も出てきてる。「4と3で…なんだっけ…34!?」とかぶつぶつ言ってたりね。笑。
あと、ひらがなへの興味も日に日に増していて、読み書き出来るようになりたいんだそうで。
早期教育には全く興味ないけれど、翠のやりたい!って気持ちは尊重したいので、ひらがなパズルをやってみたり、お友だちにお手紙書くお手伝いしたり、完全に翠の成長のペースに追いつけてないよ、私。
しかし、赤ちゃんのころから思うんだけど、こどもの興味や好奇心が発揮する力ってすごいんだよね。
だから、波がきてる今、私も一緒に乗ってみようと思う。

「みどりが ひらがなかけるようになったら ママにおてがみかくからね。」
「ひらがなよめるようになったら ママとりゅーぼーにえほんよんであげるね。」
かーわいいこと言ってくれるじゃん。楽しみにしてるよ。

category: こそだて記

tb: 1   cm: 0

かんたんお菓子  

201210051.jpg

白崎裕子さんのお菓子本が、ついに。
パンとスープの本も、麺とごはんの本も大好きで、決してマクロビを実践してるわけではない我が家でも、取り入れられるワザをたくさん教えてもらいました。
いつか行ってみたい、白崎茶会。

こちらの本、もーぅ素晴らしいです。
とにかく食べたいなって思ったら、すぐに作れる身近さ。
そして、体に優しくて安心で。とってもおいしい。
これ、なかしまさんレシピとも通じるね。

いろんなレシピを試してきたけども、この本のスコーンの配合が私の中でかなり理想的な仕上がり。
さくさくっとした外側と、ふんわりした内側。
シンプルなスコーンに、きなこバタークリームを塗って…踊りだしたくなる幸せな味がする。

201210052.jpg

このクリームも本に載っているもので、忠実に作るならばオーガニックショートニングで作ります。
が、私はちょっとショートニングというものが得意ではなく…サイズもけっこう大きいのよね…
ってわけで、植物性のマーガリンで代用しております。
「これはオーガニックのショートニングがなければ作れません」と先生おっしゃってますので、私が食べてるものは別物なのかもしれないんだけど(笑)、これはこれですっごく美味しい。
こどもたちもそのまま舐めたいとか騒ぐほど、お気に入り。

ほんとに、白崎レシピ&なかしまレシピがあったら、そのへんの市販のお菓子よりはるかに美味しいものが、家で作れちゃうよ。
お菓子作りってやりたいけど大変そう…って人に是非挑戦してみてほしい。きっと、目から鱗。

『料理は自分や家族に毎日送り続ける最大のメッセージです。
それは、やり方によっては「愛情」にもなり「暴力」にもなり、365日つねに発信し続けることの出来る何億人単位の「デモ」であるとも思っています。』
時々、思い出して大事にしてる白崎さんからの震災後の言葉。
  

category: たべものメモ

tb: 0   cm: 0

2012AW こどももの  

201209301.jpg

やっと秋がやってきた。
個人的にいちばん好きな季節。待ってたよーーー。
こどもたちの秋冬もの、ちょこちょこと。
こども服をほとんど作るようになって、お買い物する機会はぐっと減ったから、楽しかったー。

201209302.jpg

こどもたちの靴。
翠は去年から編み上げブーツに憧れてまして。4歳になってもう転んだりする心配もないかなぁと思ったので、解禁です。大変気に入ってます。
なんと18cmです。でっかいー。私の小1の頃とおんなじなんですけど。
うー坊は、クラークスのキッズを履かせたくてわくわくしていたんだけども、ただいま絶賛「じぶんで!」な時期なため、無理でした。また来年リベンジします。
ってわけで、すぽっと足入れて、ジャッとジッパーを上げたらOK!なミネトンカにしました。
これまで翠にも買ってきたけど、これは持ってて損はない履きやすさと可愛さね、ほんと。
なんとダメだと思ってた翠の去年のミネトンカが今年も履けたので、姉弟でお揃いも出来そうです。
もう1足、アウトドアでも履けて、オールシーズンいけちゃうスニーカーもと思ってて、いろいろ可愛いけどNBのクラシックモデルでサイズ探し中。

201209303.jpg

届いたばかりの翠のバック。
3歳の誕生日に贈ったTEMBEAに持っていきたいものが入らなくて、すっかりうー坊用となってるこの頃。
いろいろ入るもう少し大きめのものを探し続けておりました。
シンプルなんだけど、ゴールドのアルファベットと渋ピンクがかわいくって。
これからの季節、リネンのプルオーバーや、グレーのキルティングのアウターを着るから、よく合うと思うな。

ざっとこどもたちの洋服カゴを見ると、あとは翠にカーディガンが見つかったらいいなーと探し中。
あ、サイズアウトしてるであろうタイツも買わなくちゃね。相変わらず、ワンピースかスカートしか着てくれない。
生地もいくつか仕入れてきて、Atelier AGM&Mもまた夜な夜な頑張っております。
第一弾は、LIBERTYのHaberdasheryでお揃いのシャツワンピースとパンツ。ファイトー!

category: こそだて記

tb: 0   cm: 0