にじいろ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

LaQ!  

翠ねーさんが、今とってもハマっているもの。

201207311.jpg

よく本屋さんに売ってる、LaQ。
翠も本屋さんへ行くとよく遊んでました。
お友だちが持っていたのがキッカケで、基本の1パックを買ってみたら…お手本の紙と睨めっこして夢中!
この夏休み、起きてまずは朝LaQ。
外に出るのを控えたいほどの暑さな昼もLaQ。
で、夜も寝室へ上がるギリギリまでLaQ。

201207313.jpg

201207314.jpg

「おかーさんに何か作ってくれる?」ってカメラを向けたら、本を見ながらたんぽぽを作ってくれました。
平面のものは本を見ながらはもちろん、自分で考えていろいろ作って見せてくれる。
野菜を作って八百屋さんとか、アイス屋さんも出来るし、手裏剣で忍者ごっこも。
このごろは、立体パーツの使い方もわかってきたみたいで、少しずつ作品が立体へ。

とにかく、私もTBSとーさんも、その集中力に驚いてる。
翠はエネルギー溢れる、とにかく動いてるのが楽しい!っていうタイプで、こんな風に長い時間を机に向かい椅子に座って過ごすなんて、これまでなかったもので。
自作の歌や、幼稚園のお気に入りの聖歌を歌いながら、まいにち作っています。
やり始めると、大人もなかなか楽しめるんだなー。

201207312.jpg


スポンサーサイト

category: こそだて記

tb: 0   cm: 0

父母の祈り  

幼稚園のWS的な勉強会に、月1回参加しております。
そこで、いつも最初に唱えるのが「父母の祈り」

神よ、わが子が自分の望む道を歩めるように、
わたしが歩みたいと望んだ道を子供に強いることがないように、
神よ、力を与えたまえ。
わたしにできなかったことを子供に強いて、
苦しめないように、
神よ、わたしを守りたまえ。
わが子が歩み行く、
遥か彼方を見すえて、
今わが子の過ちを見守らせたまえ。
ゆっくりと成長するわが子の姿を、
やさしい心で見つめることができますように。
些細ないたずらに微笑みかける時と、
悪しき行いを毅然とたしなめるべき時、
その二つの時を見分ける英知を与えたまえ。
わが子の怒り狂うことばや、
おし黙る孤独な姿に、
悩み苦しむ子供の心の叫びを、聴きとることができますように。
そして、深き淵を越え、子供に歩み寄り、
理解しあうことができますように、
神よ、力を与えたまえ。
できないことに目をとめて、
いらだち、怒りの声を上げるのではなく、
わが子が上手にできることに目を向けて、
喜びのことばで誉めたたえることができますように、
それによって、わが子が自らを信じ、
日々成長していくことができますように。
わたしが、心からわが子を大切にすることによって、
子供も、心から人を大切にすることができますように。
わが子が力強く自分の道を歩めるように、
わたしは、子供を送り出したい。
どうか神よ、
わたしにその勇気を与えたまえ
子供も私も神様によって生かされ愛されていることを知り
他の人々の祝福となることができますように。
(マリオン・B・ダーフィーの「祈り」)

頷き、振り返り、気を引き締めた祈りの言葉。
ぐっときた。母として大事にしていきたいことがたくさん。
もう冷蔵庫や居間やら手帳やらに貼りたいほど。笑。

朝早くからたっぷり遊び、ただいま奇跡が!
201207251.jpg
今夜は、花火大会。
滅多にない夜のおでかけ。自主保育仲間との再会。浴衣も着れる。
朝からわくわくな翠ねーさんです。

category: こそだて記

tb: 0   cm: 0

涼を求めて  

この数日、何だかしとしと雨や肌寒い日が続いたけれど、今は夏休み。
いつも行くかわいいお花屋さんへ行ったものの、あまりピンとこなくて。
夏って長持ちしないんだよねぇなーんて、ケチなことまで思ったり。
そしたら、ふと下を見たらいたんです。布袋葵が。
これが咲いたら嬉しいなー!と思って、連れて帰ってきました。
お気に入りの蚊取り線香用の火鉢をキレイにして、そっと浮かべたら見た目も涼しげですごくいい。

201207211.jpg

翠が育てたいと言って、グリーンカーテンにしようとしていた朝顔。
でも、台風が来たときに倒れてしまってから元気がなくて、せっかく夏休みの観察とエコとでいいなぁと思ってたのにー!と残念に思っていたところ。
早速こどもたちは、「さくといいねぇ」と、ちょこんと座って覗いています。
メダカも入れたくなっちゃうねぇ…

201207212.jpg

ウォーターマッシュルームも夏場はお水で。
とっても暑い季節には、いつも以上に色とりどりのお花よりもグリーンを求めてしまう。

先週、こどもたちが順番に夏風邪で咳と微熱を出していたので、ちょっと家にこもっていました。
そしたら、庭の草がそれはそれはすくすくと成長してしまって。
二日間頑張って草取りしたけど、全然終わらない!
しかも、裏庭はまだ手つかずで、どんどんどんどん伸びて、私の背丈近くなり…まるで森。
これはもぅTBSとーさんの力を借りなくては、とても刈れましぇん。
こちらに引っ越して2度目の夏。家の中はだいたい物の居場所が定まってきたので、お次は家より広い庭を手入れしていきたい!
裏庭を物干し場としてちょっと整えたいなぁというのが、この夏の目標のひとつなのです。

category: わたしごと・うちのこと

tb: 0   cm: 0

カレーを作ろう  

201207173.jpg

何食べたい?と聞くと、いつも「カレー!」と言われる我が家。
毎週末のようにカレーを煮てるんです、私。
なので、のんびり時間のあった日、翠にカレーを作ってもらうことにしました。
お手伝い好きの翠、大喜び!!
お米を洗う、野菜を洗う、切る、簡単な洗い物…まいにちの積み重ねで、かなり上達。
むしろ、私より作業が丁寧だし。笑。

201207172.jpg
猫の手、猫の手。集中、集中。

201207171.jpg
ぼくもお手伝いするよー。

ことこと煮たら、カレールーを入れて、お味見。
いっちょまえに「うーん、もうちょっとハチミツかな」とか言って。
そして、私は付け合わせの車麩カツとかぼちゃスープを用意。
で、出来上がったのが冒頭のカレーです。ごろごろ野菜カレー。

201207175.jpg
「ねーねー、にんじんちょーだい。」
「えー、いいよー。」

201207176.jpg
「この、なすもちょーだい!」
「ぅわぉー!」

201207177.jpg
「へへへへへー♡」
「まぁ、いっかー」

201207174.jpg
ひとつの椅子にふたりで座って。
とにかく具の野菜からガツガツ食べ尽くす瑠。
お喋りしながらのんびり食べる翠。

賑やかに、おいしく、ふたつのお皿がぴかぴかになったよ。
いよいよ夏休み。またカレーも、他にもいろいろ作ろうね。
ごちそうさまでした。

201207178.jpg



category: こそだて記

tb: 0   cm: 0

Mother and Child  

「自分とこどもの写真って、なかなかないでしょー!」
そう言って、友だちが送ってくれた、私と息子の写真。

201207111.jpg

201207112.jpg

遊んで生地屋さんのオープン待ちをしてる私たちと、海での私たち。
瑠のくしゃくしゃな笑顔、うまく撮ってくれたなぁ。
海はね、この日は波に興味が湧いたみたいで、初めて自分からザブザブ行きたがったの。記念の1枚。

この写真を見た翠が、「みどりのしゃしんは?なんでないのー!」ってぷりぷりしてたんだけどさ。
だってだって、海には一緒に行ったけど、遊びに来てた若いおねーさんや散歩に来た犬やその飼い主のおねーさんたちと遊ぶのに夢中で、ぜーんぜん私の側にいなかったんじゃーん!!笑
食べてるときと寝てるとき以外、もうフレームにおさまらない翠さんです。ぷぷぷ。

こどもたちの写真、こどもたちと夫の写真はたくさんあっても、自分もいる写真って少ないんだよね。
あるのは、誰かに「はい、チーズ!」って撮ってもらった家族写真ばっかりだったりする。
だから、この私たちの日常をそのまま切り取ってくれた写真が、友だちの気持ちが、すごく嬉しかった。
どうもありがとう。大事にするよ。


category: こそだて記

tb: 0   cm: 0

七夕と、4歳3ヶ月の覚え書き  

七夕の夜って、なんでこんなに雨なんだろうね。今年も降っちゃったね。
翠が幼稚園で短冊に願い事を書いてきたんだけど、「はやくおおきくなって プリキュアになりたいな」って書いてあったよ!びっくり!
「すきだから。◯◯ちゃんと△△ちゃんが書いてたから。」だそうです。なるほどね。
まだまともに見たことのないプリキュアに憧れてる翠。4歳3ヶ月になりました。

201207081.jpg

今年、浴衣デビュー。
母の昔の浴衣を仕立て直したもの。渋いでしょー、でも似合うでしょー。
七五三の時に買ってもらった帯もよく合ってて、可愛かった。そして、またぐっと大きく見えた。
あいにくの雨で楽しみにしてた神社の縁日は行けなかったけど、花火大会とか行こうね。瑠も甚平着せてね。

この頃、ほんとに あぁ大きくなったよねー って感じることが多くて。
やや大きめに作ってる服がどんどんぴったりになる
エビフライとかグラタンとか、おいしいと食べれるものが増えた
大好きなお手伝い、料理の下ごしらえや休日のパンケーキや掃き掃除に床拭きも上手になった
これまで頑なに意地張ってた場面でも、まぁいっか!って気分転換出来ることが増えてきた
幼稚園の支度もスムーズになった
走るのが速いし、スタミナもついた
私と約束したことを守れることがすごく増えた

幼稚園に慣れるまでは、家でどっかーん!と暴れていたけれど、お弁当生活も軌道にのってからは、すごくいいリズムな日々を過ごしているように思う。
毛虫に刺されちゃって痒くても、すごい大雨でも、「ようちえん、いきたいー!やすみたくないー!」と泣くほど幼稚園が大好き。
お友だちと交換するお手紙や折り紙がとっても大事。
先生もお友だちも歌もモンテのお仕事も園庭も、大好き。

家でも、幼稚園ごっこ。
まいにちまいにち、先生ごっこに付き合ってる私と瑠。
特に最近は「あたらしいせんせいごっこ」が大流行。実習生の先生の影響と思われます。笑。

あと、急に数への関心が高まったみたい。
ずっとお風呂から出るときに1~10まで数えてるんだけど、3以上はハチャメチャ。もぅ自由すぎ。笑。
それが、5まではバッチリ☆調子がいいと10までいけちゃうこともある。さらに、順番はバラバラだけど13とか17っていう10以上の数を言うことが出てきた。
ごはんの時間にも「トマトが1こ。おにくが3こ。えだまめが1、2、3、4、5…」って数えてるし、車に乗ってるときも「まえに2こいるね。みどり、3ばんめだね。あ、1つまがったから2ばんめになったね!」とか。いろんなものを数えてる。
とにかく、ある日突然始まりました。
この前参加した幼稚園のモンテッソーリ勉強会で聞いた、数や量の敏感期ってやつな気がします。

その他にも、こどもたちは今がまさに敏感期のまっただ中なんだなーと思うことが多くて、この大事な今を見逃してしまうのはほんとにほんとにもったいないことだ!と改めて気付いたよ。
不思議なタイミングなんだけど、その少し前から育児と家事のバランスを取ることよりも、もっと時間や私の力を育児に注ごうと考え方を変えたところだった。
ふたりのこどもを大事に丁寧に育てたい、家事を効率よく終わらせたい、安全でおいしい食事を作りたい、家を気持ちよく保ちたいなどなど、想い自体は変わらない。
でも、私の達成感や満足度=こどもたちの喜びではなかったことにはっきり気付いてしまったの。
待ってねとか後でねって言う回数がすごく減った。一緒にの時間や事柄を増やして楽しむ。
瑠もだけど、やっぱり翠の方がよりいい変化が見られてる。パニックになって泣く姿、見てないもん。
うちのこどもたちが望んでるのは、ほんとにシンプルなこと。
「おかーさんといっしょにいたい。あそびたい。ずっとみていてほしい。」

これ、おかーさん冥利に尽きるよね。

あ、そうそう。
「みぃみ」→「ねぇね」→「みぃみ」ときて、ついに「みどり」と言うようになりました。

category: こそだて記

tb: 0   cm: 4

食べながら寝  

よく周りのお友だちが、ごはんを食べながらねちゃいました~!っていう話をしていて、それはそれは可愛い姿だろう!とずーっと見たかったの。
しかし、じーっと見てても翠は食べながら寝ることはなく、眠くなるとごちそうさましてから寝るっていうタイプ。赤ちゃんの頃も、今も。

でも、1ヶ月ほど前。ついにこの人は見せてくれましたー!
我が子の食べながら寝、感激!!

24ef26f4a57f11e188131231381b5c25_6.jpg

最後に食べたかった人参を握りしめて、寝ています。
いやぁー、噂通りの可愛さですね、この姿。

edfcd13aa58011e180c9123138016265_6.jpg

おかーさんとしては、足が正座だったってとこがまた!きゅん!
慌てて携帯で写真を撮ってたんだけど、隣りで翠は「りゅーちゃん!おめめつぶってるのに、たべてたよねぇ!あはははは!ねちゃったねぇ!かわいいね!あはははは!」って大笑い。

そして、今日のお昼の時間。

b7c1ddf4c65011e1a8761231381b4856_6.jpg

ふたたび、食べながら寝!
もう目は開かないんだけど、感覚でお茶碗からごはんを手づかみ。
で、ぴかぴかになったところで、机に突っ伏して寝ちゃった。
好きなはずだけど、よく噛まなきゃいけない梅酢唐揚げなんて食べれる状態じゃなかったみたい。笑。
手や口をごしごし拭いても、ソファに移動しても、ぐっすり。
ねーさんのお迎えまで、お昼寝したのでした。


category: こそだて記

tb: 0   cm: 0

ねーさんは、ぼくのもの!  

幼稚園のお友だちから、公園行かない?と誘われたある日。
大きな滑り台やトランポリンのある公園へるんるんで集合すると、なんとそこには翠が恋するYくんの姿も!
「みどりちゃーん!」と呼ばれて、「あっ!おかーさん、Yくんもいるよー!!やったぁー!」と、もぅるんるんるんるん。
遊具でもたくさん遊び、水鉄砲も盛り上がり、とてもとても楽しく過ごしました。

しかし。
瑠さまは怒っていました。だって、ねーさんがぼくよりもYくんのとこに行っちゃうから!(笑)
ふたりがアスレチックしてれば、下から「みーみぃ!おぃでぇー!!」と呼んで、
トランポリンで遊んでいたら、「みーみぃ!みーみぃ!」とふたりの間に割って入り、
帰り道で手をつないで歩き始めたときには、「みーみぃ!てぇ!てっ!みぃーーーみぃーーー!てぇぇぇーーー!」と半泣きで絶叫。
他のお友だちやお母さんたちが声かけてくれても、首振って「みーみっ!やぁっ!」と、じぃーーーっとどんどん先を行くねーさんを見つめるのでした。
「翠と手繋ぎたいの?」「うん」
「じゃあ、お願いしてみよっか。おかーさん抱っこでワープしよっか?」「…うん」

201206291.jpg

ぼくのねーさんだもんね!とばかりに、ぐいぐい引っ張ってるし。
極めつけは、みんなでバイバイする時。それまでみんなに「あっば~い!」ってにこにこしてたくせに、Yくんにバイバーイって言われたら、「ないっ!!」とくるりと背を向けておりました。ははははは…。
車に乗ってからも「みーみっ!てっ!」って言って、座りながら翠に手をつないでもらってたし。
すごいねー、ねーさんの気持ちを感じ取るのね。けっこうヤキモチ焼きなんだなー。

そんな瑠の心の葛藤を知らない翠の、その日のひとこと。
「あー、たのしかった。きょうのことは、こころにしまっておこう♡」


category: こそだて記

tb: 0   cm: 0